某所の家系ラーメンへの熱量にのっかって書いてみる。

この世に生を受けて30ウン年ですが、いろんなラーメンを食べてきましたね。
出身地とかで地域性も出て面白いと思うので、みんなもやってみたらいいと思うよ!
(写真がないのはなんかもうごめんなさい)

◆ラーメンとの出会い: 寿がきや

愛知・東海地方出身の人が読んだらきっと賛同を得られることでしょう。
*じぶんは静岡市生まれの名古屋、磐田、袋井(まあ要は静岡西部地方)育ち

ちゃんと「どこのラーメン」かを認識して食べているという意味での「出会い」としてはここがいちばんさいしょ。いろいろ余計なメニュー増えてるけど290円という驚異的な価格はスゴイ。
(父親によると「昔は1杯100円だった」とのこと。真偽は不明)

19歳のころから関東住みになってしまったので、なかなか食べる機会がなくてかなしい。
高校の帰りとかに寄ったりしてたなー。安いので2杯食ってる友達とかいたなー。
そしてソフトクリームの存在は絶対です。絶対。

 
◆小学生のときに父親によく連れて行ってもらった店:みやひろ(浜松)

小学校低学年の時、東映アニメフェアを見に行く時は基本父親同伴だった。
(忙しかった父との思い出ってすごく限られているけど鮮明にこのへんは思い出す)
父と弟と3人で良く行ったなー。

ちなみに、浜松市内にあるこの店の支店のほうはピアニストの上原ひろみさんの行きつけだったらしい。
情熱大陸かなんかで見た。


◆地元の名店:浪花(袋井・閉店したらしい)

これは小学校高学年~中学生くらいかなー。自分のおこづかいで食べられるようになって
時々友達とチャリで行ってた。

当時あんまり気がついてなかったんだけど、人気店で入れたり入れなかったりで
あんまり回数行った記憶はない。オトナになってから買ったBrutusにここが出ててびっくりした。
 

◆予備校の記憶とともに:三太(浜松)


高校3年の時に通ってた予備校の裏にあった関係で、週3くらいで行ってた。
札幌の山岡屋の系統らしいので、きっと家系インスパイアなんだと思う。
(当時は家系とかまったくしらなかった)
浜松界隈でも珍しいタイプの味だったので、すごく新鮮で美味しかったという記憶が残ってる。
多分いま食べたらそうでもない(という話を地元の連中からも聞く)のだろうけど
じぶんのラーメン史に残る一杯なのは間違いない。

これを18時ごろ食べて、家に帰ってからまた晩ご飯食べてたなー。
若いってすばらしい。

◆上京:北海道らーめん 特一番(和泉多摩川)

上京直後に2年ほど住んでた和泉多摩川の駅前にあったお店。
窪之内英策の名作「ショコラ」で市吾が出所後に食べる店のモデルになった店でもある。
そしてショコラのドラマ版主演の大塚ちひろの妹があまちゃんに出てましたね!
(加えてお取り寄せ王子のドラマにも出てた)

東京生活になかなか慣れない中、最初に作った行きつけの店。
味以外で思い出深い。
*いい紹介ページがみつからなかったのでURL無し。チェーン店みたいですね。

◆ついにヤツと対峙する:ラーメン二郎(新代田)

下北に引っ越しました。そして関東ラーメン界の大ボスと対峙することに。

初めて行った時、事前情報一切なしだったのでお腹おかしくなったのもいい思い出。
二度と行くか!と思いながらまた行ってしまい、そこから完全に常連に。

店長さんと音楽の趣味が近くて、ライブ情報を教えてあげたり、会場でばったりあったりするなどして仲良くなって、随分良くしていいただきました。引っ越してから行けなくなってしまい無念。
(ちなみに新代田店は野外フェスのスケジュールに合わせて休みになることがある)

◆新潟ラーメンという忍び寄る魔の手:我武者羅(幡ヶ谷)

笹塚オフィスに居たころからちょこちょこ行っていた。当時は鯛出汁ラーメンということで
大変お優しいお味なラーメン。さすがラーメンダイバーシティの高い東京!と思ってたら
鯛の煮干しが仕入れられなくなったとのことで、新潟ラーメンのお店に様変わりした。

超濃い味噌ラーメンの弥彦よりもガツンの来たのが燕三条系の「どっかん」ってラーメン。
粉雪のように背脂が舞っている・・・。
ちょうど30を超えたあたりの身体には大ダメージ。割りと代替が効かない味なので足繁く通ってしまい
体重が・・・orzになった。

そうしてるうちに会社が渋谷に移転して、自分も神奈川に引っ越したので行く機会が減った。
あぶないあぶない(とか言いつつ2週間くらい前に行っちゃった)

*最近メニューごとにお店を分けたようなので要注意

◆自分的に現在最高峰の家系:壱六家(大船)

本来の文脈に乗っかりました。らすた(日吉&代々木)も美味しいけど自分的にはココがいちばん。
遅い時間に帰るとき、大船でバスまで20分待ちとか時々あるんですが、そのスキマ時間に行っちゃうくらい美味しい。

ここのお店じゃないけど、社内の某著名エンジニアたちとばんごはん食べる約束してて「やっぱむりー」って言われて帰りに1人で渋谷の某店で食べてたらそのエンジニアたちが後から来店したという香ばしい思い出がフラッシュバックしました。

家系も二郎も、他店舗展開(インスパイア含む)されてるので、賛否両論あって面白いですよね。
新代田二郎とかネットでボロクソですけど、いいんです。好きだから。



しかし、写真ないとさびしい!今後ちゃんと撮るようにしよう。
二回続けて歴史的なもの書いてみましたが、結構いろんなこと思い出して面白いですね。ブログって。